ホーム > 日記 > 適切な手法

適切な手法

ありふれたはじめたばかりの人向けのFXのテキストでは「損をした時にはナンピンをして、平均のコストを低くする事が出来る」等記述されているが、ナンピン買いには相当の隠れたリスクがある。

 

まずは、ナンピンの方法について述べておきます。

 

仮定として100円で1ドルを買ったとします。

 

$買いですので、円安に向うほど利益が大きくなるわけですが逆に95円まで円高方向に進んだとします。

 

この場合ポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには、マイナス分ドル高に動かなければなりません。

 

皆さん、損はなるべく早く無くしたいと考えるでしょう。

 

この状況を変えるため最初にエントリーしたのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増します。

 

すると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

 

これで、半分の幅でドル高に進めば、マイナスを回復できます。

 

これが、ナンピンの理屈です。

 

ナンピン買いの方法を聞くと「まちがいない」という風に思うが為替相場はそう簡単に思い通りにはいきません。

 

だいたい、1ドル95円以下にならないとは、誰も分かりません。

 

もし、市場がかなりの円高ドル安の流れであるならば95円では下げ止まらずに、さらに円高に進む確率は高くなります。

 

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高になっとしたならば、ナンピン買いをしたポジションも、損失が生まれることになってしまいます。

 

そういう状態では最初に注文したドルとトータルで、2倍の為替差損が生じます。

 

それほど、ナンピンは厄介です。

 

それなら、外国為替市場があなたのストーリー展開とは反対に行ってしまった場合どういう対策で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

 

こういう時には選択できる方法は多くはありません。

 

ひとつは覚悟を決めて損を確定する事です。

 

もうひとつの方法としてはその時点で、自分か所持しているポジションを縮小することで、再度為替が元のようになるのを黙って待ち望む事だけです。

 

ちょっと主体性のない術だとみる方もいます。

 

だけど、ポジションにマイナスが生まれた時、適切な手法はこれよりいいものはありません。

 

考え方としてはナンピン買いをするという手法も効果的です。

 

しかしながらナンピン買いは自身が損をしている場面でポジションを小さくするどころかそれとは逆にポジションを積んでいく手法です。

 

この対策では、危険性を避けることなどとても無謀だと考えるべきです。

 

ナンピン買いを続ければその内勝てるかもしれない。

 

けれども、それより前にお金がマイナスになってしまいます。

 


関連記事

  1. 今日も一日終わって

    今日も一日終わって、今家に帰ってゆっくりしています。   ゆっくりしな...

  2. 払い続ける大変さ

    民事再生は住宅のローンを含めた多重債務の問題に悩んでいる利用者を対象に、住んでい...

  3. 適切な手法

    ありふれたはじめたばかりの人向けのFXのテキストでは「損をした時にはナンピンをし...

  4. テスト

    テスト記事です。...