ホーム > 日記 > 払い続ける大変さ

払い続ける大変さ

民事再生は住宅のローンを含めた多重債務の問題に悩んでいる利用者を対象に、住んでいる家を維持しつつも金銭管理の面で立ち直っていくための法的な機関による債務整理の道として平成12年11月に適用された制度です。

 

民事再生という制度には、破産申告とは異なり免責不許可となる要素はないので投機などで借金がふくらんだような場合においてもこの手続きは可能ですし自己破産をすれば業務ができなくなる可能性があるポストで給与を得ているような人でも民事再生は検討可能です。

 

破産手続きでは住宅を残すことは不可能ですしその他の選択肢では元金は返していかなければなりませんので住宅ローンを含めて払っていくことは実際のところは簡単ではないでしょう。

 

といっても、民事再生を選ぶことができれば、住宅のローンのほかの借金については多くの金額を減ずることが可能なため余裕を持ちつつマンション等のローンを払い続けながらあとの借入金を返済していくこともできるということになります。

 

しかし、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停などと違いある部分だけの負債を除外して処理をすることは許されていませんし、破産宣告に適用されるように借金がなくなってしまうのでもありません。

 

さらに、それ以外の手続きに比べいくらかこみいっていて期間もかかりますので、住宅ローンなどがあって住んでいる家を手放すわけにはいかない場合など以外において破産申告等といったそれ以外の方法がとれない際の解決策としておいた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 今日も一日終わって

    今日も一日終わって、今家に帰ってゆっくりしています。   ゆっくりしな...

  2. 払い続ける大変さ

    民事再生は住宅のローンを含めた多重債務の問題に悩んでいる利用者を対象に、住んでい...

  3. 適切な手法

    ありふれたはじめたばかりの人向けのFXのテキストでは「損をした時にはナンピンをし...

  4. テスト

    テスト記事です。...